2021年10月 アルバイト・パートの募集平均時給

「2021年10月 アルバイト・パートの募集平均時給」のアイキャッチ画像

2021年10月 募集平均時給

1.募集平均時給推移

※バイトルのアルバイト・パート募集案件より算出データ
※2021年10月のデータは10月1日~10月19日時点のデータを利用

10月から始まった最低賃金引上げに伴い、募集平均時給は大幅増加

全国の募集平均時給は1,157円と大幅増加となりました。先月9月は募集平均時給が下がるものの、10月は最低賃金改定に合わせて、一気に上昇しました。緊急事態宣言解除やGoToキャンペーン、ワクチンパスポートなど経済正常化の兆しが見えてきております。今後、求人数が一気に増加することから、人材獲得を進めるために慎重に時給を設定する必要があります。

2.地域別 募集平均時給

※バイトルのアルバイト・パート募集案件より算出データ
※2021年10月のデータは10月1日~10月19日時点のデータを利用

全地域で前月比で上昇傾向

全地域で、前月比から上昇しました。中でも、関東、東海、関西、九州・沖縄では前月比15円以上上昇しています。最低賃金引き上げによる募集平均時給の上昇傾向が全国的に見られました。

3.職種カテゴリ別 募集平均時給

※バイトルのアルバイト・パート募集案件より算出データ
※2021年10月のデータは10月1日~10月19日時点のデータを利用

約半数の職種で前月比増の傾向が見られる

15カテゴリ中、10カテゴリで前月比より平均時給が上昇しました。最も前月比が増加したのは調査・モニター(+164円)。他にも、教育(+38円)、専門職、その他(+33円)、イベント(+24円)、販売(+20)などにおいて前月比20円以上の上昇傾向が見られました。全体で見ると、緊急事態宣言解除後から求人数は増加傾向にあるため、募集職種の難易度に合わせて、時給を検討していきましょう。

4.時給帯別 求人掲載シェア・応募シェア

※バイトルのアルバイト・パート募集案件より算出データ
※2021年10月のデータは10月1日~10月19日時点のデータを利用

時給1,000円~1,049円での募集案件に最も多くの応募が集まる

全国の募集平均時給は1,136円でしたが、募集案件が最も多かったのは時給1,000円~1,049円の求人(18.8%)でした。応募数も同じく、最も多く集まりました(18.3%)。一概に、募集時給が高くないと応募は集まらないという訳ではないので、貴社のエリア・職種・採用ターゲットなどの条件から適切な時給を設定しましょう。


貴社に合わせたデータが必要な場合や、賃金設定のご相談については
お気軽にお問合せください!