経済回復施策の裏側で始まる人材獲得競争

「経済回復施策の裏側で始まる人材獲得競争」のアイキャッチ画像

1.コロナ規制緩和と経済回復施策

飲食・観光業で規制緩和

新型コロナウイルスの影響で、特に影響を受けた飲食・観光業の規制緩和や規制緩和に向けた実証実験が進みました。

飲食業:全国で時短営業・酒類の制限がほぼ全面解除

全国で時短・酒類提供などの制限がほぼ解除された。特に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府は規制解除が最も遅く、10月25日から時短営業・酒類提供の制限を全面解除となった。自治体によって内容は異なるが、東京都は認証を受けた飲食店をほぼ全面規制解除。1テーブル5人以上の場合にはワクチン接種証明が必要。

観光業:36都道府県の宿泊施設108か所で実証実験開始

観光庁は、ワクチン接種者などを対象にした行動制限の緩和に向けて、36都道府県の宿泊施設108箇所で実証実験を開始。 チェックイン時にワクチン接種履歴・検査結果の確認円滑に行えるかの検証。宿泊後、2週間経過後の体調を確認し、対策の効果のチェックを行う。 結果を元に観光関連の感染対策ガイドラインを策定し、GoToトラベル再開への検討にも生かす方針。

各方面で経済回復施策が実施

各自治体でGoToトラベル代替施策やGoToイート再開などが実施されており、経済回復に向けた取り組みが本格化しています。観光庁主導のGoToトラベルも再開に向け、前回実施内容の見直しが進んでいます。また、ワクチンパスポートの年内発行も予定されており、ワクチンパスポートを使った規制緩和・特典などの施策も検討されています。

2.採用を本格化する企業が急増

経済正常化が進む中で、人手不足に陥る企業も多くなっております。コロナ影響による営業規制により、一度離れてしまったアルバイト・パートを再度確保に向けて動き出している企業が多くみられます。ま今後の経済回復施策に向けて、採用を始める企業が急増しております。

バイトル内でも求人掲載数が増加

▼求人掲載数推移(バイトル)

※2021年10月:2021年10月1日~10月25日までのバイトルデータより算出
※求人掲載数:平均求人掲載数

2021年10月の掲載掲載数は359,654件となりました。掲載掲載数が直近1年間で最も多く、経済回復に向けた準備を進める企業が増えていることが考えられます。今後も規制緩和の発表と共に求人掲載数が増加することが考えられます。

9月以降、求人掲載希望の問い合わせが急増

▼求人掲載希望の問合せ数 指数

※9/1週の問合せ数を100とした場合の指数で表示
※ディップ株式会社への掲載問合せ数から算出

2021年9月以降、求人掲載希望の問い合わせが急増しております。各社、経済活動の再開に向けた人材確保を進めていることが分かります。10月12週は9月1日週の約1.6倍の求人掲載希望の問合せを頂きました。

3.人材獲得競争に立ち向かう取組み

採用の優位性を高める各社の取組み事例

人材採用難が加速することが予想される中、各社で人材確保に向け、様々な取組みが導入されております。

アパレル業A社

販売員の採用難克服を目指すために店舗の営業時間にフレックスタイム制度を導入。11~19時を必ず営業するコアタイムとして、10~11時、19~20時に営業するか否かは各店舗に判断を委ねている。

製造業B社

書類選考を廃止し、応募者全員と面接を行うように採用フローを変更。応募者の労力を減らすこと、書面だけで判断できることは限られていることから撤廃を決定。

販売業C社

採用後の入社時期を1年以内であれば自主的に選択できる制度を導入。

広告代理店D社

SNSを活用して、社内の風景・働く社員の雰囲気などを定期的に配信し、5名の採用枠に対して500以上の応募を獲得。

4.withコロナ時代で採用のスタンダードとなる『ワクチンインセンティブ』

日本全国の行政でもワクチン接種を促進するための施策実施

ワクチン接種者に対して何らかの特典を付与し、ワクチン接種を促進させ経済復興を目指す取組みとしてワクチンインセンティブが注目されております。日本全国の様々な地域においても若者ワクチン接種率を上げるために取り入れる行政が増加しております。

群馬県:ぐんまワクチンインセンティブ

群馬県内のワクチン接種を推進していくために、20代,30代で新型コロナワクチンを2回接種した県民の方を対象とし特典が当たる抽選を実施。

愛知県:あいち若者ワクチン接種促進キャンペーン

20代、30代で新型コロナワクチンを2回接種した県民から抽選で、県の認証店で利用可能な1万円分の食事券を、抽選で2万名にプレゼント。

withコロナ時代では安心・安全の配慮がなされた環境が選ばれる

withコロナ時代では、消費者・求職者にも安心安全への配慮がなされた環境が、より選ばれていきます。求職者を集めるにあたっても、ワクチン接種を支援したり、安心安全の働く環境を整備することが必要不可欠です。また、それは感染対策意識の高い求職者を集めることができるので、消費者に選ばれるということにも繋がります。

dipは接種者や接種意欲の高い求職者が集まる特集を企画

dipの求人メディアで、接種者や接種意欲の高い人を募ることができる特集企画「ワクチンインセンティブキャンペーン」を実施しております。サイトに流入導線を設け、安心して活き活きと働けるような人材を集めます。接種者に対するワクチン手当の支給や待遇面での優遇、接種における特別休暇の付与や職域接種の環境提供など、従業員を思いやる様々な取り組みで、現在業界問わず、20万件以上の求人が掲載されております。

採用の優位性に繋がるワクチンインセンティブ

ワクチンインセンティブを行う企業への就業意向は半数を超えており、ユーザーニーズは高まっています。また、ワクチンインセンティブの中でも、ワクチン手当が最もニーズが高いことがわかりました。

ワクチンインセンティブの取組み例

ワクチン手当を導入している企業の中で、「金銭支給」実施企業は4割を超え、支給額のボリュームゾーンは5,000円となっております。

ワクチンインセンティブの取組みで求職者からも選ばれる環境作り

ワクチンインセンティブといっても様々な取り組みがございます。取組みにより感染対策意識の高い求職者が集まり、それが安心安全の環境を作り出すことで、消費者からも選ばれるようなります。dipにおいてもキャンペーンを広げられるよう、CMや記者会見で社会にアピールをしてまいります。

5.採用ターゲットの属性別採用ポイント

採用ターゲットの属性別に仕事探しの思考や採用ポイントをまとめた記事を公開しております。求人活動の参考にご活用くださいませ。





貴社に合わせた情報やワクチンインセンティブキャンペーンについては
お気軽にお問合せください!