2021年10月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

「2021年10月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング」のアイキャッチ画像

2021年10月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

バイトルサイト内でのフリーワード検索での検索の多いキーワードのランキングとなります。
バイトルユーザーが気になっているキーワードから、求職者思考を抑えましょう。

1.2021年10 フリーワード検索ランキング

※バイトル利用データより算出

「年末年始」「クリスマス」季節系キーワードが出現

「日払い」「短期」は検索されやすく、常に上位に位置しております。また、コロナ禍以降は「在宅」というキーワードも上位にランクインしており、今回は4位となりました。働きやすさを示すワードへの関心が高まっている様相が伺えます。今月は「年末年始」や「クリスマス」などの季節系キーワードもランクインしています。直近では「ワクチン」というキーワードがランクインしており、20位となりました。ワクチン接種率の上昇とともに、ワクチンへの興味関心を頂いている求職者が増えていることが分かります。求職者思考を意識した求人原稿の作成で、より求人を見てもらえる可能性が高まります。

ディップでは、新型コロナワクチンの接種を希望する方に向けて、接種しやすい環境づくりに取り組んでいる企業様を紹介する特集企画を行っております。

新型コロナワクチン接種の支援がある企業特集のお知らせ

https://www.baitoru.com/pdt/vaccine2021/?pname=bccp_boms_20210719

2.2020年11月~2021年1月(昨年度) フリーワード検索トレンドランキング

※バイトル利用データより算出

昨年度11月~1月は季節イベント系キーワードが上位に

昨年度の翌3ヶ月分のフリーワード検索状況ですが、11月~1月は季節系キーワードでの検索が増え始めます。11月12月は「年末年始」が1位にランクインし、注目度が急上昇していることが分かります。他にも「クリスマス」「バレンタイン」などのキーワードが上位にランクインしています。11月には、既にイベントに向けた仕事探しが一気に活発化していたので、今年も同じく年末にかけて季節系キーワードの検索が増えていくことが考えられます。

求人増加に向けて、求職者思考に合わせた採用計画の準備を

9月30日に緊急事態宣言が解除され、経済活動再開に伴い、求人掲載数も増え始めております。規制緩和が一気に進み、各社で採用のスタート時期が被ってしまう事態となりました。そのため、人手不足に陥る企業も多くなっております。更に、ワクチンパスポートやGoTo再開などの施策が検討されております。経済回復に向けて、早めの採用計画と効果的な求人活動を行って参りましょう。


貴社に合わせたデータが必要な場合や、採用計画のご相談については
お気軽にお問合せください!