2021年12月 社員募集平均月給

「2021年12月 社員募集平均月給」のアイキャッチ画像

2021年12月 社員募集平均月給

※ 今回から集計条件を変更しております。ナイト系の職種は集計対象外としました。

1.募集平均月給推移

※今回から集計条件を変更ー変更内容:ナイト系の職種は集計対象外
※バイトルデータより算出
※正社員・契約社員募集案件より算出データ
※2021年12月のデータは12月1日~12月20日時点のデータを利用

募集平均月給は7か月連続で上昇

全国の募集平均月給は229,261円と7か月連続で上昇しました。前月比は2,023円上昇となっております。経済活動の正常化に向けた採用を行う企業が増えており、夏のボーナス支給後の退職層や、春入社の早期退職層を狙った求人も増えております。2022年は早速GoToトラベルの再開などが予定されており、経済活動活性化が予想されます。また、ワクチン・検査パッケージ制度の導入や2021年12月20日以降ワクチン接種証明アプリリリースなど、コロナ禍でも経済活動を続けるための施策も始まります。人材獲得競争が始まる中で、人材獲得を優位に進めるために慎重な月給設定が必要となります。

2.地域別 募集平均月給

※今回から集計条件を変更ー変更内容:ナイト系の職種は集計対象外
※バイトルデータより算出
※正社員・契約社員募集案件より算出データ
※2021年12月のデータは12月1日~12月20日時点のデータを利用

関西以外の地域で、前月比から上昇傾向

関西を除いた全地域で前月比から上昇となりました。関東、九州・沖縄、中国・四国、北海道・東北、甲信越・北陸では、1,500円以上の大幅な上昇が見られました。

3.職種カテゴリ別 募集平均月給

※バイトルデータより算出
※正社員・契約社員募集案件より算出データ
※2021年12月のデータは12月1日~12月20日時点のデータを利用

約半数の職種で前月比増の傾向が見られる

15カテゴリ中、8カテゴリが前月比より平均月給が上昇しました。先月大幅な上昇となったフード・飲食は落ち着きが見られました。中でも、軽作業・物流(+6,155円)、イベント(+4,745円)、営業(+4,117円)、医療・介護・福祉(+3,577円)で顕著な上昇傾向が見られました。

4.時給帯別 求人掲載シェア・応募シェア

※今回から集計条件を変更ー変更内容:ナイト系の職種は集計対象外
※バイトルデータより算出
※正社員・契約社員募集案件より算出データ
※2021年12月のデータは12月1日~12月20日時点のデータを利用

月給25万円代 以下の募集が8割、応募も7割集まる

募集案件の83.0%が月収が25万円代 以下の募集となりました。また、応募の73.5%が25万円代以下の案件に集まりました。一概に募集月給を高くしないと、応募が集まらないわけではありませんが。貴社のエリア・職種・採用ターゲットなどの条件から適切な月給を設定する必要があります。

5.働く人の待遇改善を目指すディップ・インセンティブ・プロジェクト始動

人手不足課題の解消とともに、働く人の待遇向上の後押しとなるべく、求職者にわかりやすく好待遇の求人情報を表示する「ディップ・インセンティブ・プロジェクト」を始動しました。採用難易度が高まっている今、待遇改善を行い、採用優位性を高める必要があります。本企画に参画頂くことで、待遇向上している案件へ集客を促します。


貴社に合わせたデータが必要な場合や、賃金設定のご相談については
お気軽にお問合せください!