2021年12月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

「2021年12月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング」のアイキャッチ画像

2021年12月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

バイトルサイト内でのフリーワード検索での検索の多いキーワードのランキングとなります。
バイトルユーザーが気になっているキーワードから、求職者思考を抑えましょう。

1.2021年12月 フリーワード検索ランキング

※バイトル利用データより算出

先月に引き続き「年末年始」「正月」「バレンタイン」季節系キーワードが上位に

「日払い」「短期」は検索されやすく、常に上位に位置しております。また、コロナ禍以降は「在宅」というキーワードも上位にランクインしており、今回は7位となりました。働きやすさを示すワードへの関心が高まっている様相が伺えます。先月から引き続き「年末年始」などの季節系キーワードもランクインしています。中でも「正月」「バレンタイン」は先月ランク外からTOP10に急上昇しました。「コールセンター」は、先月から引き続き、TOP20にランクイン。求職者思考を意識した求人原稿の作成で、より求人を見てもらえる可能性が高まります。

2.2021年1月~2021年3月(昨年度) フリーワード検索トレンドランキング

※バイトル利用データより算出

昨年度1月~3月は季節イベント系キーワードが上位に

昨年度の翌3ヶ月分のフリーワード検索状況ですが、1月、2月は季節系キーワードでの検索が増え始め、「バレンタイン」「ホワイトデー」などのキーワードが上位にランクインしています。3月にかけて、春に向けた新しい仕事探しが一気に活発化していく傾向があるため、採用ターゲットに合わせて求人広告の設計を見直してみましょう。

求人増加に向けて、求職者思考に合わせた採用計画の準備を

ワクチン・検査パッケージの利用による飲食店の団体利用や、イベントの人数制限が無くなることにより、業種によっては、今まで以上の人材確保に向け、動き出す企業が増えることが予想されます。また、1月後半にGoToトラベル開始が予定されるなど、言うまでもなく、人材の取り合いに拍車がかかることが考えられます。春採用や繁忙期に向けて、いつまでに採用が必要なのかを明確にし、余裕を持った採用活動が必要です。

働く人の待遇改善を目指すディップ・インセンティブ・プロジェクトで採用力強化

人手不足課題の解消とともに、働く人の待遇向上の後押しとなるべく、求職者にわかりやすく好待遇の求人情報を表示する「ディップ・インセンティブ・プロジェクト」を始動しました。本企画に参画頂くことで、待遇向上している案件へ集客を促します。採用難易度が高まっている今、待遇改善を行うことで採用優位性を高め、採用成功に繋げましょう。

ディップ・インセンティブ・プロジェクト

https://www.baitoru.com/pdt/incentive/

貴社に合わせたデータが必要な場合や、採用計画のご相談については
お気軽にお問合せください!