2022年1月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

「2022年1月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング」のアイキャッチ画像

2022年1月 バイトル フリーワード検索トレンドランキング

バイトルサイト内でのフリーワード検索での検索の多いキーワードのランキングとなります。
バイトルユーザーが気になっているキーワードから、求職者思考を抑えましょう。

1.2022年1月 フリーワード検索ランキング

※バイトル利用データより算出

先月に引き続き「年末年始」「正月」「バレンタイン」季節系キーワードが上位に

「日払い」「短期」は検索されやすく、常に上位に位置しております。また、コロナ禍以降は「在宅」というキーワードも上位にランクインしており、今回は2位となりました。働きやすさを示すワードへの関心が高まっている様相が伺えます。先月から引き続き「バレンタイン」という季節系キーワードもランクインしています。新型コロナウイルス感染症が再度流行し「ワクチン」が10位とました。求職者思考を意識した求人原稿の作成で、より求人を見てもらえる可能性が高まります。

2.2021年2月~2021年4月(昨年度) フリーワード検索トレンドランキング

※バイトル利用データより算出

昨年度2月~4月は「高校生」「学生」などのキーワードが上位に

昨年度の翌3ヶ月分のフリーワード検索状況ですが、「高校生」「学生」などのキーワードが上位にランクインしました。例年、この時期は春に向けた新しいお仕事探しに向けて、学生が活発化します。中でも進路を決めた高校生や春休みに入った大学生などが動き出します。学生のみならず、他の層も同じく、仕事探しが一気に活発化していく傾向があるため、採用ターゲットに合わせて求人広告の設計を見直してみましょう。

求人増加に向けて、求職者思考に合わせた採用計画の準備を

2021年1月から各都道府県においてまん延防止等重点措置の適用がされております。その中で、政府からは『社会経済活動を継続できるよう取り組む』と明言されており、経済活動がある限り、採用市場にも動きがあります。現在、オミクロン株の感染拡大が広がっていますが、その中でも春採用に向けて、求人案件数は増えていくことが考えられます。アメリカでは、1月中旬以降、感染者数の減少が見られていますが、日本でも感染が落ち着く時期は必ず訪れます。その途端、採用に乗り出す企業が一気に増え、採用難易度も高まっていくことも予想されます。採用成功に向けて、計画的な採用~育成スケジュールを立てて参りましょう。


貴社に合わせたデータが必要な場合や、採用計画のご相談については
お気軽にお問合せください!