2022年4月の法改正に向け、働く環境の見直しによる採用力向上

「2022年4月の法改正に向け、働く環境の見直しによる採用力向上」のアイキャッチ画像

2022年4月に様々な法改正・施行が予定されております。中でも、上手く活用することで採用力向上に繋げることができる法律もございます。法改正の内容ご紹介と考えられる採用への影響をまとめました。

1.2022年4月に施行予定の採用力向上に繋がる法律

育児・介護休業法の改正

2022年4月から男女とも仕事と育児を両立できるように雇用環境整備の義務化が行われました。育児・介護との両立できる待遇の整備が、企業ブランディング力を高めることにも繋がっていくことが考えられます。

※参照:厚生労働省-育児・介護休業法について https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

起こりうること・育児に関する制度を利用しやすい職場風土の醸成
・仕事と育児・介護を両立して働く人の増加
考えられる採用への影響・より育児と両立しやすい職場への転職者の増加
・育児・介護との両立が計れる職場環境の整備をアピールすることで、
 採用力強化に繋がる

女性活躍推進法の適用範囲が拡大

2022年4月から女性活躍推進法の適用範囲が広がり、常時雇用する労働者が101人以上の企業が対象となります。女性活躍が企業ブランディングのひとつのポイントとなっていくことも考えられます。

※参照:厚生労働省-女性活躍推進特集ページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html

起こりうること・女性のキャリア形成のための社内教育
・仕事と育児と両立して働くための従業員の理解促進の取組み
考えられる採用への影響・女性を積極的に採用する企業の増加
・適切な女性活躍状況の公表により、採用力の強化や、定着率の向上に繋がる

パワハラ防止法の中小企業適用

2020年6月から大企業向けに施行されたパワハラ防止法が、2022年4月から中小企業も義務化の対象範囲となります。罰則規定はないものの、企業名の公表などによりイメージダウンにもつながる可能性があり、適切な対応が必要です。

※参照:厚生労働省-パワハラ防止措置義務特集ページ https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/newpage_01089.html

起こりうること・適切な対策を行わなかった場合、企業名の公表により、
 企業としての信用の失墜にも繋がる可能性
考えられる採用への影響・パワハラ防止の方針明確化と公表により従業員の定着率向上

2022年4月までに働く環境を見直し、採用力向上の機会に

2022年4月の法改正・施行を、働く環境を見直す機会に活かして参りましょう。上記で取り上げた3つの法改正・施行では、より働きやすい環境を作るためのものであり、上手く活用することで、待遇改善をアピールすることができます。企業ブランディングに繋がる以外にも、採用力を向上させることができます。

2.dipサービスでできる採用力向上

改善した職場環境をしっかりアピールすることで、より良い人材の獲得に繋がります。dipのサービス内でできる採用力向上の取組みをご紹介いたします。

バイトルの豊富な求人原稿量を活用したアピール

「バイトル」は、日本最大級を誇る求人情報の中から、希望勤務地や職種などの条件を選択し、お仕事を探すことができます。中でも、豊富な求人原稿量となっており、文字数に加え、働く仲間が分かる写真、静止画では伝わらない貴社の魅力を動画で表現することができます。マッチング率の高い採用を実現いたします。



※画像はイメージのため実際と異なる場合がございます。

求人広告だけでは伝えきれない仕事の魅力をアピールできる採用ページ作成

貴社HPに付随する採用ホームページを作成し、求職者の応募対応もバイトル管理画面で管理することができます。表現の自由度が高いため、求人広告だけでは伝えることのできない仕事の魅力を伝えることが可能です。応募をする前に企業の情報を調べる求職者も増えていることから、採用ホームページの必要性も高まっております。また、求人検索エンジンへの対応により外部集客も強化されることにより、貴社の効率的な採用活動をサポートします。


※画像はイメージのため実際と異なる場合がございます。

働く人の待遇改善を目指すディップ・インセンティブ・プロジェクトで好待遇をアピール

人手不足課題の解消とともに、働く人の待遇向上の後押しとなるべく、求職者にわかりやすく好待遇の求人情報を表示する「ディップ・インセンティブ・プロジェクト」を始動しました。本企画に参画頂くことで、待遇向上している案件へ集客を促します。採用難易度が高まっている今、待遇改善を行うことで採用優位性を高め、採用成功に繋げましょう。

ディップ・インセンティブ・プロジェクト

https://www.baitoru.com/pdt/incentive/

最後に

2022年2月末現在では、新型コロナウイルス オミクロン株の流行が進んでおります。感染が落ち着いた瞬間、経済活動がさらに活性化することで、各社足並みをそろえた採用活動の開始も考えられます。2022年4月の法改正・施行を、上手く活用し、働く環境の見直しを行い、企業ブランディング・採用力向上に繋げて参りましょう。


貴社に合わせたデータが必要な場合や、採用計画のご相談については
お気軽にお問合せください!